ウールのラグ・絨毯から出る「毛」の正体と対処法

ご利用いただいているお客様からこんな声をいただきました。

「絨毯は色・素材ともに雰囲気にマッチしていて、とても満足しています。ただ、非常に毛が抜けやすく、すぐに毛玉のようになってしまいます・・・。対処法はありますか?」

今回はこのラグから出る「毛」の正体と対処法をご紹介いたします。

ウールのラグ・絨毯から出る「毛」の正体

ウール(羊毛)製品から出る細かい毛、これは「遊び毛」といいます。
ウールの遊び毛
この「遊び毛」はウールのセーターやウールラグ・絨毯・カーペットなどに見られる現象で、ウール製品には必ずある特徴です。製品によっても変わりますが、使い始めの頃は出る量が多く、びっくりされる方が多いです。
ウールのラグ・絨毯から「遊び毛」が出る主な理由は2つです。

【毛が出る理由1】羊の毛を撚り合わせて糸にしているから

ウール(羊毛)は羊の毛ですので、短い毛や長い毛があり均一ではありません。
羊
製品にする時は、その短い毛と長い毛を撚り合わせて糸にします
その糸を使って製品をつくると、使っているうちに短い繊維が少しずつ抜けてきて、丈夫な長い繊維が残るのです。

一方、化学繊維は、石油を原料として化学物質を掛け合わせ、人工的に作り出す繊維ですので、つなぎ目はありません。その分、汚れやすかったり、耐久性が低かったりとそれぞれの繊維の特徴があります。

【毛が出る理由2】毛足をカットする工程で中に入り込んだ繊維が徐々に表面に出てくる

絨毯の制作工程で、毛足の長さを整える為に絨毯全体にバリカンのようなものをかけます。
「シャーリング」と呼ばれる工程です。

毛足を整える工程 シャーリングの様子

毛足を整える工程「シャーリング」をしている様子

その際、余分な細かい繊維が毛足の中に入り込み、踏んだり寝転んだり、使っていくうちに少しずつ表に出てきます。イメージとしては、美容院や床屋さんで髪の毛を切った後に、しばらく短い毛が出てきますよね。あの感じですです。

「遊び毛」が出る量と出る期間

「遊び毛」の出る量

商品によっても異なりますが、ウールのラグ「ハグみじゅうたん」の場合は、軽く掃除機掛けをするだけで握りこぶし1つ分程度の毛が取れます。リビングに敷くような大きなサイズだと、全体的に掃除機を掛けると掃除機のタンクがいっぱいになります。もちろん、掃除機のタンクにはゴミやホコリと一緒に入るので全て遊び毛というわけではないのですが、初めてウールのラグを使う方はびっくりされます。

たまに、「こんなに毛が出て、じゅうたんがなくなりませんか?」という質問をいただきます。
長くて丈夫な繊維はしっかり残りますし、さらにハグみじゅうたんの場合は絨毯の密度もありますので、絨毯がなくなることはありません。ご安心ください。
私は自宅でハグみじゅうたんを使用して5,6年になりますが、購入した時とほとんど印象は変わっていません。

「遊び毛」の出る期間

まず、ウールの製品である以上、遊び毛は0になることはありません。
ただ、日常的に掃除機を掛けながら使用していると半年~1年程で少しずつ落ち着いていきます。使いはじめは毛の量が多く驚かれますが、徐々に少なくなっていき、気にならなくなります。

「遊び毛」の意外な嬉しい効果!高級ホテルがウールのラグ・絨毯を選ぶ理由

ウールの特徴の一つに「汚れにくい」ということがあります。
こちらも主に理由は3つです。

1.ウールの繊維の構造上、表面に天然のコーティングのようなものがあるので、汚れがつきにくく、落としやすい

ウールの構造

ウールの構造


2.自然素材で静電気が起きにくく、吸着したホコリが離れやすい(=掃除機で取れやすい)
3.「遊び毛」が出るから

実は、遊び毛が表面から徐々に出ることによって、表面に蓄積された汚れも一緒に取れるため、結果、絨毯をキレイに保てるのです!これはほとんどの方が知りません。
実際に、私の自宅で姪っ子が絨毯につけた油性ペンが2日に1回の掃除機掛けだけで徐々に薄くなりました。発見時がBefore(左)、約2か月後が After(右)です。

絨毯に油性ペンで落書き Before After

ハグみじゅうたんの油性ペンの落書き Before(左)・ After(右)


掃除機掛けのみで、水拭きなども一切していなかったので、驚きました!

このことから、高級なホテルのロビーや客室にはウールの絨毯が使用されていることがあります。
いつも美観が保たれているのは、ウールの汚れにくさ、メンテナンスのしやすさ、遊び毛の働きが大きく影響しているのですね。

【関連記事】【ラグのお手入れ】飲み物をこぼした時の対処法(写真・動画あり)
【関連記事】ラグで掃除が楽になる⁉掃除の悩みが解消できるラグとその5つの理由!

「遊び毛」の対処法

遊び毛の対処法は掃除機を掛けることです。
「コロコロを使ってもいいですか?」
とお問い合わせをいただくこともありますが、やはり掃除機掛けをおすすめしています。
コロコロは表面についているゴミや髪の毛を貼り付けると同時に、抜けなくてもいい毛まで抜いてしまっている可能性もあります。また、使い始めの頃にコロコロを使用すると、1ロールすぐになくなってしまう可能性も・・・。

掃除機では、表面に出ている毛だけを吸い取っていただくだけで結構です。
ハグみじゅうたんは目が詰まっているため、ゴミやホコリなどが絨毯の表面で止まっている場合が多く、吸い上げるだけで十分掃除ができます。しっかり掃除ができれば衛生面も安心ですね!

ハグみじゅうたんを掃除機掛けしている様子

ゴミが表面に止まるので分かりやすく、確実に掃除ができて衛生的

※この『遊び毛』を無理にだそうと1日に何度も掃除機掛けをしたり、同じところを集中的にゴシゴシ掛けたりすると、絨毯の繊維が傷んでしまいますのでご注意ください。

掃除機の掛け方について

ヘッドのブラシが高速回転する掃除機などは絨毯を傷つける恐れがあります。
ヘッドのブラシの回転を止めてご使用下さい

掃除機の回転ブラシ

回転ブラシを止めて掃除機掛けをすると絨毯を傷めにくい


ブラシの回転が止められない場合は、お布団用のヘッドなどの回転ブラシのないタイプに付け替えてかけていただくのが安心です。取り替え用のヘッドもない場合は、吸引のパワーを「弱」か「中」のモードで、ゴシゴシ押し付けて掛けるのでなく、さっとかけるくらいがおすすめです。

掃除機メーカーの取扱説明書にも
≪毛足のある絨毯・カーペットに使用する場合、ヘッドの回転による摩擦により敷き物、床等を傷付ける場合や絨毯を毛羽立てる場合がありますのでご確認下さい。また毛足のある敷き物に使用する場合、ヘッドの回転を止めてご使用ください≫
などの説明をされている場合があります。
また、高速回転の摩擦により毛先が傷み、遊び毛が出やすくなる原因にもなりますのでご注意ください。

※回転ブラシはフローリングのような硬くて、溝のある床には非常に有効な機能です

ロハスクはそんな自然素材ウールの防炎ラグを状況に合わせて気軽にレンタル(サブスクリプション方式)できるサービスです。
手仕事で織り上げられるウールのラグは、手間暇がかかっていて丈夫であるため、購入となるとそれなりの価格になります。本当に違うのか試してみたいけど、そこまで費用はかけられない…
そんな時には「ロハスク」をお試しください♪

▼自然素材ラグのレンタルサービス「ロハスク」の特徴はこちら
初期費用を抑えて手軽に空間をリニューアル【法人向けラグ・絨毯のレンタルサービス「ロハスク」】

リモート相談サービス

ウールのラグ・絨毯から出る「毛」の正体と対処法

ウールのラグ・絨毯から出る「毛」は『遊び毛』
『遊び毛』の正体は、ウールの短い毛と、入り込んでいたカットされた毛
使い始めは握り節一つ分程出るが、日常的な掃除機掛けで半年~1年程で落ち着く
「遊び毛」はラグ・絨毯をキレイに保つ重要な働きもある
「遊び毛」の対処法は日々の掃除機掛け

この「遊び毛」はウール製品の特徴で、ご不便をお掛けすることもあると思いますが、ラグ・絨毯をキレイに保つという重要な役割も担っていますので、落ち着くまではお付き合いいただければ幸いです。

この記事をシェアする

forum お問い合わせはこちら

ご不明点などございましたら、ロハスク事務局までお問い合わせください。
------------------------------------------------------
ロハスク事務局
TEL:0250-25-7669
------------------------------------------------------