防炎ラベルが必要な物と場所を再確認!おしゃれな防炎ラグで安心感と印象アップ!

この記事を書いたスタッフ: 高橋

「消防署の方から、ラグに防炎ラベルがついているものを使用しないとダメですよと指導を受けて探してます」

このようなお問い合わせをよくいただきます。
皆さまのラグは大丈夫でしょうか?
消防法で定められた場所で使用するカーテンやラグ・じゅうたんは「防炎ラベル」がついている商品であることが義務付けられています。
今回は、この知っているようで意外と知らない「防炎」についてまとめました。皆さま、お客様、スタッフの方の命にかかわることです。今一度、確認をしてみてください。

そもそも防炎とは?

消防庁によると「防炎」というは次のような性質であると記載があります。

防炎とは、「燃えにくい」性質のことであり、繊維などの燃えやすい性質を改良して防炎の性能を与えると、小さな火源(マッチやライターなど)に接しても炎が当たった部分が焦げるだけで容易には着火せず、着火しても自己消火性(小規模燃焼において(有炎、無炎を含む)燃焼が継続しない性質)により燃え広がらなくなる性質のことである。

出典:消防庁「防炎の知識と実際」

「燃えない」というわけではなく、「燃えにくい」ということですね。
この防炎性能があると認められたものが「防炎物品」です。

「防炎物品」として認められるためには?

「防炎物品」として認められるためには、消防法で定められた防炎性能基準に従って、定められた方法で試験をし、合格することが必要です。
これは商品によって基準が異なりますので、詳しくは「防炎物品の防炎性能試験基準の要点」をご覧ください。

その試験に合格をすると「防炎物品」として認められ、「防炎ラベル」が取得できまます。

ハグみじゅうたんに防炎ラベルがついている様子

ハグみじゅうたんは全商品「防炎物品」として適合しているため安心です

防炎ラベル(防炎表示)の種類

この「防炎ラベル」ですが、ラグ・じゅうたんだけでも次のような種類があります。

ラグ・じゅうたんの防炎ラベルの種類

ラグ・じゅうたんの防炎ラベルの種類/出典:日本防炎教会「防炎表示と防炎ラベル


防炎表示は、消防法令で様式、方法等が定められています。防炎ラベルには、カーテン、じゅうたん等の完成品に付けられる「物品ラベル」と、加工される直前のカーテン、じゅうたん等の材料(原反)に付けられる「材料ラベル」があります。

出典:日本防炎教会「防炎表示と防炎ラベル

「防炎物品」の対象と「防炎物品」(防炎ラベル)の使用が必要な場所

「防炎物品」の対象となるモノ(防炎ラベルが必要なモノ)

「防炎物品」の対象となるのは次の通りです。

カーテン 、布製ブラインド 、暗幕 、じゅうたん等の床敷物、展示用合板 、どん帳その他舞台において使用する幕 、舞台において使用する大道具用の合板、工事用シート等

ロハスクのラグ「ハグみじゅうたん」は全ての商品が「防炎物品」として「適合」していますので、ホテルや旅館、グランピング施設、商業施設、オフィスなど、不特定多数の人が利用する建築物でも安心してご使用いただけます。

ハグみじゅうたんは防炎ラベルを取得しています

ハグみじゅうたんは防炎ラベルを取得しています

出典:東京消防庁HP「防炎対象物品」・消防庁「防炎の知識と実際」

「防炎物品」(防炎ラベル)の使用が必要な場所

「防炎物品」の使用が必要な場所としては次のように記載があります。

消防法では高層建築物(高さ31mを超える建築物)や地下街(地下の工作物内に設けられた店舗、事務所その他これらに類する施設で、連続して地下道に面して設けられたものと当該地下道とを合わせたもの)、ホテル・旅館、百貨店、病院など不特定多数の人が出入りする建築物等で使用するカーテンやじゅうたんは、消防法の防炎規制に定められた「防炎物品」であることが義務付けられています。

出典:東京消防庁HP「防炎防火対象物」・消防庁「防炎の知識と実際」

今一度、確認をしてみてください。

他にも気になる「防炎」に関するQ&A

その他にちょっと気になる「防炎」に関することをピックアップしてみました。

Q.ラグ・じゅうたん等の後加工防炎処理は可能ですか?
A.「じゅうたん等は製造工程で防炎性能を付与し、耐洗濯性能があるもの」となっています。
じゅうたんは防炎薬剤に浸漬したり防炎薬剤を吹き付けたりして防炎性能を付与する後加工は、洗濯や掃除機使用による防炎効果の減少があるため認められておりません。

Q.民泊を始めたいのですが、その部屋に使用するカーテンやじゅうたんに防炎ラベルは必要ですか?
A.共同住宅で一部に住居があっても「複合用途防火対象物」になりますので、防炎規制の対象となります。ただし、一戸建て住宅で家主が居住しており、宿泊室の面積が50㎡以下であれば、「住宅」として扱われることもありますので、所轄の消防署に確認してください。

Q.ショッピングモールにタペストリーを展示するのですが、防炎ラベルは必要ですか?
A.壁に沿って垂れ下げられた布製のものは防炎物品のカーテンや舞台で使用する幕等に該当する可能性がありますので、所轄の消防署に確認をしてください。

さらに詳しく知りたい方は、日本防炎協会「よくある質問とその答え」をご覧ください。

【必見】ラグの素材でこんなに違う!燃焼実験動画

次の動画は、「綿のラグ」、「ウールのハグみじゅうたん」、「ポリエステルのラグ」の素材の違うラグにそれぞれに火をつけ、燃え方を比べてみたものです。

結果は次の写真のように、綿とポリエステルは火がつき、時間とともに燃え広がりますが、ウールのハグみじゅうたんは、表面は焦げますが、火元がなくなると燃え止まりました。

【燃焼実験】綿・ウール・ポリエステルのラグの燃え方を比較

【燃焼実験】綿・ウール・ポリエステルのラグの燃え方を比較

ウールは元々燃えにくい素材で、火を近づけてもちりちりと焦げるだけで、離すと燃え止まります。この効果から、消防士の服や航空機のシートなどでは、ウールが使われています。そのウールのラグ「ハグみじゅうたん」は、実は、防炎加工をしなくても「防炎物品」として「適合」しています。日々のお手入れ、クリーニング等でその効果が減少することもありませんので、より安心ですね!

【関連記事】【防炎ラグ】「防炎表示」必須!あなたの施設は大丈夫?おすすめの素材とラグも紹介

これで解決!実はみんなが探していた「おしゃれな防炎ラグ」

「消防署の指摘で防炎ラグにしなければならいけど、こだわってつくった空間だから雰囲気は崩したくない。でも、一般的な防炎ラグはシンプルなものが多くてピンとこない・・・。いろいろ調べていたらロハスクさんに辿り着きました。」とお電話をいただき、実際に「ロハスク」のラグを利用しているお客様の声をご紹介します。

【お客様の声1】「防炎対応とデザイン性の高さはうちにとってはとてもありがたかったです」/ウッドデザインパーク様(グランピング施設)

ウッドデザインパーク 代表 亀崎様

ウッドデザインパーク 代表 亀崎様


改めて旅館業を取得し直し、内装制限や消防法の兼ね合い等がより厳しくなりました。
それに伴い、消防の方から「ラグやじゅうたんは防炎ラベルがついていないとだめだよ」と指摘を受けました。

防炎ラベルが付いていて、デザインもいいラグはとても限られてしまいますし、購入するとかなりの金額になってしまいます。弊社のような季節変数の大きい施設の場合は、夏には収入が上がるけど、冬は下がってしまうので、冬場は特に投資がしづらい。
ロハスクさんはレンタルでイニシャルコストを抑えながら利用することができるので、とても助かりました。

【グランピング施設】ウッドデザインパーク様 グラスキャビン リバーシブルイエニ CK4535

ウッドデザインパーク様 グラスキャビン リバーシブルイエニ CK4535(約170×240cm)


ロハスクさんの防炎対応とデザイン性の高さはうちにとってはとてもありがたかったです。
防炎対応といえども、今までのインテリアの雰囲気は崩したくなかったので。

▼ウッドデザインパーク様のインタビュー全文はこちら
【お客様の声】ウッドデザインパーク様 

【お客様の声2】「部屋もこだわってつくっていたから、せっかく敷くならデザイン性のあるものがいいなと思っていました」/アドレス野沢様(アパートメントホテル)

【ホテル】アドレス野沢様 客室 リバーシブルストライプ ER3100

アドレス野沢様 客室 リバーシブルストライプ ER3100(約170×240cm)


今までもラグは敷いていたのですが、消防署から防炎のラグを使用するように指導を受けたのがきっかけです。

ネットで「防炎ラベル」でいろいろ探しましたが、シンプルで無難なデザインのものしかなかったんです。部屋もこだわってつくっていたから、せっかく敷くならデザイン性のあるものがいいなと思っていました。
そんな時、観光経済新聞にロハスクさんが載っていて、その記事に載っていたラグのデザインがよかったので、これだと思って問合せました。

全部購入をすると初期費用がだいぶかかってしまうので、「レンタル」を選びました。
「レンタル」であれば、一度に出ていく費用が抑えられるのでとても助かっています!

▼アドレス野沢様の納入事例はこちら
【納入事例】アドレス野沢様

いかがでしょうか?
まずは、この機会に自社ラグ(カーテンも)を確認してみてください。
そして、せっかく敷くなら、ウールのおしゃれな防炎ラグ「ハグみじゅうたん」で、安心とさらなるイメージアップをしてみてはいかがでしょうか?

防炎ラベルが必要な物と場所を再確認!おしゃれな防炎ラグで安心感と印象アップ!まとめ

「防炎物品」・「防炎対象物」を要確認
防炎・安心・使い心地からも素材はウールがおすすめ!
おしゃれな防炎ラグ「ハグみじゅうたん」で安心とイメージがさらにアップ

▼自然素材ラグ「ハグみじゅうたん」のレンタルサービス「ロハスク」の特徴はこちら
初期費用を抑えて手軽に空間をリニューアル【法人向けラグ・絨毯のレンタルサービス「ロハスク」】

▼興味はあるけど、使ってみないと不安・・・そんな方は是非こちらをご利用ください!

今なら試せる!30日間無料お試しキャンペーン実施中
この記事をシェアする

forum お問い合わせはこちら

ご不明点などございましたら、ロハスク事務局までお問い合わせください。
------------------------------------------------------
ロハスク事務局
新潟本社 TEL: 0250-25-7669
東京SR TEL: 03-6258-0888
------------------------------------------------------