大阪市内にありながら、四季折々の自然の癒しを体感できる場所「ホテル・ロッジ舞洲」様。リゾート気分を楽しめるこの地を舞台に、「泊まる」「食べる」「癒される」の3つを、自分らしく選び、自由気ままに過ごすことができる場所です。

自然の中で、自分らしく気ままに過ごせる場所

四季の自然と静寂に包まれた約1万坪の庭に、個性豊かな3つの宿泊施設、BBQと自然素材を活かした旬の料理の数々。ホテルを中心に多彩な施設が集結しており、訪れる人が自分らしく気ままに過ごせる場所「ホテル・ロッジ舞洲」様。
今回ご使用いただいたのは、自然に中でプライベートなひとときをゆったり過ごせるログハウス。北欧・北米から直輸入した4タイプ、全14棟が用意されています。その14棟を少しずつリニューアルしている中で、ラグを探していたそうです。ロハスクのラグはダイニングの足元とリビングでご使用いただいております。

ホテル・ロッジ舞洲様 森の中にたたずむログハウス
ホテル・ロッジ舞洲様 ログハウス ダイニングテーブルの下 てざわりプレーンER7008(約200×250cm)
ログハウス てざわりプレーンER7008(約200×250cm)
ホテル・ロッジ舞洲様 ログハウス ダイニング下 てざわりプレーンER7008(約200×250cm)
厚みのあるてざわりシリーズが底冷えを防いでくれます

ダイニングテーブルの下がタイルであるため、少しでも底冷えを防ぎ、お客様に心地よく過ごしていただきたい、という想いから導入いただきました。お選びいただいたのは、保温性の高い厚みのあるタイプ「てざわりシリーズ」。
そのダイニング下のラグを夏に向けて変えていただきました。ラグ一枚で印象が変わりますね!

ホテル・ロッジ舞洲様 ログハウス ダイニングテーブルの下 イエニCK4541(約170×240cm)
ログハウス イエニCK4541(約170×240cm)
ホテル・ロッジ舞洲様 ログハウス ダイニングテーブルの下 イエニCK4541(約170×240cm)
民族調のデザインが空間のアクセントに

別でリニューアルしたログハウスJ棟では、リビングのソファ前にご利用いただいております。北欧風をイメージた室内には、シンプルですがこだわりのあるデザインが特徴の「アーバンシリーズ」をお選びいただきました。

ホテル・ロッジ舞洲様 ログハウス リビング ソファ前 アーバン NR5002(約170×240cm)
ログハウス リビング アーバン NR5002(約170×240cm)
ホテル・ロッジ舞洲様 ログハウス リビング ソファ前 アーバン NR5002(約170×240cm)
革のソファを引き立てつつ空間に馴染むシンプルなデザイン
ホテル・ロッジ舞洲様 ログハウス リビング ソファ前 アーバン NR5002(約170×240cm)
適度な厚みが底冷えを防いでくれる
ホテル・ロッジ舞洲様 ログハウス リビング ソファ前 アーバン NR5002(約170×240cm)
ラグがあると寛げるスタイルが広がる

 

ダイニング下にラグを敷くとなると、お手入れが心配、という方もいるかもしれません。ロハスクのラグは厚みがあるシリーズでも、目が詰まっていることで、埃や食べかすなどが入り込みにくく、汚れにも強いため、お手入れしやすいのです。ダイニング、リビングともに、一枚敷くだけで底冷えも防げ、空間の印象も変わります。お客様により心地よくお過ごしいただくための「おもてなし」にもなりますね♪

 

【ロハスク 導入施設】

ホテル・ロッジ舞洲

大阪市此花区北港緑地2-3-75
Tel.06-6460-6688
https://www.lodge-maishima.com

ホテル・ロッジ舞洲様 ログハウス

 
お使いのシリーズ
ハグみじゅうたん てざわりプレーンシリーズ ER7008
ハグみじゅうたん イエニシリーズ CK4541
ナチュラグ アーバンシリーズ NR5002